フラクシーソープができるまで

フラクシー ソープは、枠練り透明石けん。

機械練り石けんとの違いはこちら 複数の工程で、熟練者による細かな調製とチェックを行いながら、時間をかけて作られます。

STEP01 ケン化と中和

アマニ油他、植物由来の厳選された原料と、アルカリ(水酸化ナトリウム、水酸化カリウム)から石けんが作られます。この後、透明化剤(グリセリン、スクロース)や、こだわり成分(甘草エキスやセラミドなど)を加えます。

画像

反応温度や時間などを細かく調整します。
長年の経験とカンがたよりです。

STEP02 充填

細かい目のフィルターでろ過して、型に流し入れます。

画像

冷却温度や固化時間を管理することで、
濁りのない美しい透明性が生まれます。

STEP03 型抜き

型抜きされた、細長い棒状の石けんです。

画像

工場の中でのみ見られる、石けんの姿です。

STEP04 切断

ピアノ線を使った手作業で、慎重に、丁寧に切り分けます。

画像

生まれたての石けんは、とてもやわらかくてデリケート。
わずかな衝撃でも、傷がついてしまいます。

STEP05 熟成

温度管理の行き届いた部屋で熟成させます。
熟成が進み、つややかな透明感が増します。

画像

じっくり熟成することで、最後まで割れにくく
使いやすい石けんとなります。

STEP06 型打ち

型打ち機で成型します。

画像

丸みをおびた、手になじむ形に仕上がります。

STEP07 磨き上げ

手作業で一つ一つ、丹念に磨きあげます。

画像

美しい透明石けんの仕上げの作業。
わずかな感覚が頼りです。

STEP08 熟成

仕上げの熟成です。

画像

皆様にお届けするまで、あと少し・・・

STEP09 包装

ラッピングし、箱詰め前の最終検査です。
小さな点も見逃しません。

画像

STEP10 製品

箱詰めされ、製品の完成です。

画像

厳しい何度もの検査をクリアした石けんだけが、皆様の元へ届けられます。
一つ一つにこめられた私たちの想いを、是非感じてください。

TOPに戻る

機械練り石けんとの違い

「機械練り石けん」「枠練り石けん」「透明石けん」について

01. 「機械練り」と「枠練り」は製法の違いです。

  • 「機械練り石けん」

    原料を一気に練り上げ、そのまま押し出し成型します。早く大量に作ることが出来ますが、ヒビ割れとそれに伴う崩れがおきやすく、保湿成分などを充分に配合することができません。

  • 「枠練り石けん」

    原料を混合後、枠に流し込み固めます。その後、切断・成型・熟成の工程を経て製品となります。
    保湿成分などを充分配合することができます。

02. 「透明石けん」は、「枠練り石けん」の一つです。

「透明石けん」

グリセリンやスクロースなどの透明化剤を加え、熟成期間中に磨き上げます。
フラクシー ソープは枠練り透明石けんです。

開発の背景

水しぶき

敏感肌で、乾燥した状態が続いていた開発者は、
オメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)を含むアマニ油を、
毎日ひとさじ、お味噌汁に入れて飲み、実感しつつありました。
「アマニ油を使って石鹸ができないかしら?」と思い始め、そこから試行錯誤が始まりました。
アマニ油の配合量や、セラミド等の成分の種類を変えて、
試作を重ねた結果、フラクシーソープが完成しました。
モニター調査では、特に40代、50代の乾燥を感じやすく、
デリケートな女性の方々から、うれしい評価を頂きました。
もちろん、開発者の家族も使用中。

年麗肌を目指すあなたへ。

お手続きについて

  • はじめての購入について
  • 定期購入について
  • 返品について

フラクシーソープについて

安全性について

泡立ち評価

全成分について

フラクシーソープができるまで

開発の背景

ご使用方法

よくあるご質問

体験談

ご購入について